宮城県議選2019告示・立候補者一覧~若林選挙区~

      2019/10/27

スポンサーリンク

 


 

10月18日に告示日を迎えた宮城県議選。
東日本大震災から8年半が経過した現在、各候補者の政策及び活動には“震災復興”に焦点を当てたものが目立つ中、震災復興のほかに、宮城県内における喫緊の課題に取り組もうとする政策も見受けられる。
今回は、特に激戦が予想される仙台市内5選挙区の候補者を5回に分けて紹介する。


 

===立候補者一覧の見方===
〈選挙区名〉、定数
候補者名(年齢)、主な肩書、所属、丸囲み数字は期数
候補者の主な活動、政策などの紹介
候補者公式ホームページ
(顔写真は宮城県議会ホームページ、各候補者のホームページ及びSNSから引用)

 


 

【若林】定数:3

渡辺 勝幸(44) 党県青年局長 自民現職①
東日本大震災の被災地域において、集会所の住民交流拠点を整備。また、これまでに800回以上の街頭演説を継続中。
https://katsuyuki.jp/

 

福島 一恵(58) 党県委員 共産現職①
政策に復興公営住宅の家賃減額制度延長など被災者の暮らしとコミュニティ再建のために尽力すると掲げる。
http://fukukaze.air-nifty.com/

 

高橋 克也(34) 元参議員秘書 自民新人
「震災被害が起こらない100年時代の宮城を創る」をテーマに、特にスポーツビジネスを伸ばすことを政策に掲げる。
https://www.katsuya-miyagi.com/

 

三浦 奈名美(54) 会社員 立憲新人
「女川原発再稼働反対、水道事業民営化を慎重に」を政策に掲げ、若林区で立憲の議席獲得なるか。
https://twitter.com/nana____1507


 

 

スポンサーリンク

 - 宮城からの発信, 宮城県内選挙, 注目選挙 , , ,