宮城県議選2019告示・立候補者一覧~太白選挙区~

      2019/10/27

スポンサーリンク

 


 

10月18日に告示日を迎えた宮城県議選。
東日本大震災から8年半が経過した現在、各候補者の政策及び活動には“震災復興”に焦点を当てたものが目立つ中、震災復興のほかに、宮城県内における喫緊の課題に取り組もうとする政策も見受けられる。
今回は、特に激戦が予想される仙台市内5選挙区の候補者を5回に分けて紹介する。


 

===立候補者一覧の見方===
〈選挙区名〉、定数
候補者名(年齢)、主な肩書、所属、丸囲み数字は期数
候補者の主な活動、政策などの紹介
候補者公式ホームページ
(顔写真は宮城県議会ホームページ、各候補者のホームページ及びSNSから引用)

 


 

【太白】定数:5名

 

佐々木 幸士(47) 党県副幹事長 自民現職③
復興の完遂と災害に強い宮城のために、被災地訪問を継続して実施するなど、現場主義の行動力で議会に提言。
https://sasakikoshi.com/

 

横山 昇(52) 元国交省職員 公明現職①
防災・減災・復興の3分野において、災害に強い街づくりを実現するために様々な政策を実施した実績がある。
http://www.komei.or.jp/km/miyagi-yokoyama-noboru/

 

 

角野 達也(60) 党県委員 共産現職①
女川原発再稼働の是非を問う県民投票の条例案実現のため、県民の立場に立って大きな力を発揮。
https://ameblo.jp/jsqqg449

 

 

岸田 清実(64) 党県代表 社民現職③
「復興は一人ひとりの生活再建から」を掲げ、仮設住宅や復興住宅等の施設面での被災者支援を進める。
http://www.kishida-k.com/

 

 

渡邉 拓(43) 元仙台市議 自民新人
仙台市議会では市議会130年の歴史上、任期中最も多くの議会質問を実施し、改善につなげた実績がある。
http://nabetaku.org/

 

 

石田 一也(51) 元衆議員秘書 無所属新人(立憲・国民推薦)
「復興から振興」に向け、被災者の心のケア対策を継続するとともに、被災地のものづくり産業を下支えする支援策を講じる。
https://www.ishidakazuya.com/

 


 

 

スポンサーリンク

 - 宮城からの発信, 宮城県内選挙, 注目選挙 , , ,