宮城県議選2019告示・立候補者一覧~青葉選挙区~

      2019/10/27

スポンサーリンク

 


 

10月18日に告示日を迎えた宮城県議選。
東日本大震災から8年半が経過した現在、各候補者の政策及び活動には“震災復興”に焦点を当てたものが目立つ中、震災復興のほかに、宮城県内における喫緊の課題に取り組もうとする政策も見受けられる。
今回は、特に激戦が予想される仙台市内5選挙区の候補者を5回に分けて紹介する。


 

===立候補者一覧の見方===
〈選挙区名〉、定数
候補者名(年齢)、主な肩書、所属、丸囲み数字は期数
候補者の主な活動、政策などの紹介
候補者公式ホームページ
(顔写真は宮城県議会ホームページ、各候補者のホームページ及びSNSから引用)

 


 

【青葉】定数:7名

中沢 幸男(79) 元衆議院議員秘書 自民現職⑧
現在、土木企業委員会に所属し、復興の総仕上げと県土の更なる発展に寄与するため、9回目の当選を目指す。
http://nakazawa-yukio.com/

遊佐 美由紀(56) 党県副代表 立憲現職⑥
女性の力を生かす復興を掲げ、「宮城県震災復計画」などに女性とNPO参画推進が盛り込まれ全市町村で促進。
http://yusa-miyuki.jp/

 

遠藤 信幸(42) 党県青年局長 公明現職①
震災後、新聞記者として被災地を取材。被災者に寄り添った生活支援・風評被害の払拭に全力を挙げる。
http://www.komei.or.jp/km/miyagi-endo-nobuyuki/

 

菅間 進(68) 元会社員 無所属現職⑦
東日本大震災対策調査特別委員会設置、副委員長として延期となった改選期まで、震災直後の緊急要望から初期の復旧活動まで県内各地を幅広く活動。
https://www.kanma.jp/

 

吉川 寛康(50) 東北電力社員 無所属現職③
震災復興対策に海岸線や山岳地域をトレッキングする「宮城オルレ」推進を掲げ、観光客誘致や地域活性化のために積極的に関わる。
http://www.kikkawa37.net/

 


福井 崇正(41) 元衆議員秘書 自民新人
災害対策に、様々な災害にあらかじめ備える「減災」を掲げる。地域の備えに公共インフラの整備やハザードマップの再点検を主張。
https://www.fukui-takamasa.com/

 


渡辺 博史(49) 元参議員秘書 立憲新人
教育現場20年と参議員秘書の経験を活かし、政策に「教育の投資」「未来へつなぐ人づくり・物づくり」を掲げる。
http://hirohumifight.jp/

 

金田 基(59) 党県委員 共産新人
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務所長を務め、被災者が希望の持てる復興を目指し活動。
http://www.jcp-miyagi.com/

 

 

大草 芳江(37) NPO理事 無所属新人
科学教育による地域づくりを志し、学都「仙台・宮城」サイエンスデイ主催者として企画・運営を行う。
www.yoshie-ohkusa.info/

 


 

 

スポンサーリンク

 - 宮城からの発信, 宮城県内選挙, 注目選挙 , , ,