アラスカ湾の不思議な秘密

   

スポンサーリンク

あなたは「アラスカ湾」という名前を聞いたことがありますか?

アラスカについて隠れた秘密が1つあります。アラスカはアラスカ州の南にある湾のことです。 2つの異なる海が出会い、決して混ざり合わない素晴らしい海があります。

異なる色を感じて

アラスカ湾 海

(出典:Twitter[@ritasolorita])

最近、ケント・スミスが撮影したアラスカ湾の美しい写真がインターネット上で話題になりました。

日付は言及されていませんが、71,000人以上の人々が1日にこの写真に興味を持ったとも言われています。

2つの海がまじりあう不思議な現象に、多くの人々が関心を寄せています。

電気の青い水の光景は、暗い青色の水と混合するのではなく、かなり素晴らしいです。多くの科学者は、この声明では異なる見方をしています。

有識者によると…

有識者によると、色の違いは水の密度の違いのために発生しているということです。温度や塩分レベルの変化に伴う水の密度は、水を明確に保つ役割も担っています。

そのため「水は出会うが、交わらない」という言い伝えは厳密に言うと正確ではありません。水は最終的に混ざり合い、水の境界はずっと動かないものではく、変化し続けるのです。

観光客にとっての魅力

アラスカ湾 海

(出典:Twitter[@ritasolorita])

こういった不思議な海を見に、観光客が次々と引き寄せられます。

人々の中には、それが神の贈り物だと考えている人もいる一方で、

これは大気中に存在する酸素と、それに反応する水や塩の量のバランスによるものだと考える人もいます。

まだまだ世界にある、2色の海

https://twitter.com/SilvaCarlosS/status/866407963682099201

アラスカの場合以外にも、混ざり合わない海や海が世界にはまだあります。

ブラジルではリオ・ネグロ川やソリ・モンエス川という2つの川があり、リオ・ネグロ川はその名の通り「黒い川」で、

ソリ・モンエス川は黄色みががかった川。2つの川が交じり合わず6kmほど続いています。

世界中にこういった不思議な現象がみられる川があり、旅行がすばらしい学習だと言われるのはこのためなのです。

スポンサーリンク

 - 社会ニュース ,