【衆院選-情勢分析】沖縄3区 基地反対派の無所属前職がリード 来年の名護市長選にも影響か

   

スポンサーリンク

 

(沖縄県章、出典:wikipedia)

 

 

沖縄3区の候補者

氏名 年齢 党派 職業 新/前/元 得票数 当落
1 玉城 デニー 58 無所属 開票待ち
2 金城 竜郎 53 幸福実現党 開票待ち
3 比嘉 奈津美 59 自民党(公明党推薦) 開票待ち

沖縄3区の情勢

沖縄3区は、前回選挙区当選の玉城(無所属)と比例の比嘉(自民)、新人の金城(幸福)による争い。

2014年12月の前回総選挙では、旧生活・玉城が89,110票で選挙区の議席を獲得、自民・比嘉は59,491票にとどまるも九州比例で議席を確保した。

3区は、政府が米軍普天間基地の移設先とする名護市辺野古を抱えるが、来年には名護市長選挙が予定されている。現市長は基地反対派の稲嶺進市長(2期目)だが、今回の総選挙はその前哨戦と言えよう。

また、10月11日の米軍ヘリが墜落・炎上したのは3区内の東村にある民有地。基地移設容認を掲げる自民・比嘉への逆風は不可避と見られる。

 

地元紙を含めた報道では、基地反対派の玉城が常に優位を保ち、公明支持層への広がりも見られるとしており、逆に公明の支持固めに苦労する比嘉の巻き返しは厳しいか。

(敬称略)

スポンサーリンク

 

3区は無所属前職の玉城デニー氏(58)が幅広い支持を得て、自民前職の比嘉奈津美氏(59)=公明推薦=に差をつける。玉城氏は支持政党がない層の半数に浸透し、比嘉氏は自民と公明の支持層の半数以上を固める。

(10/12 沖縄タイムス「衆院選2017:オール沖縄2・3区でリード 1区自民わずかに先行 4区互角」より)

3区は、無所属で出馬した玉城が米軍普天間飛行場の辺野古移設反対派をまとめ、自民比嘉をリード。

(10/16 時事ドットコム「1区、国場と赤嶺横一線=沖縄【衆院選情勢】」より)

3区は無所属前職の玉城デニー氏が自民前職の比嘉奈津美氏に先行している。

~中略~

3区は玉城氏が立憲民主、社民、共産支持層の支持を得て、希望や公明の支持層にも食い込む。比嘉氏は自民の支持層を固めつつあるが、公明を固めきれず、やや広がりに欠ける。

(10/18 琉球新報「1区赤嶺、国場氏接戦 4区仲里、西銘氏競る 衆院選沖縄選挙区 本紙・共同通信世論調査」より)

 

共同通信が15~17日に実施した終盤情勢を探る調査では

~中略~

3区では無所属前職の玉城デニー氏(58)が、自民前職の比嘉奈津美氏(59)=公明推薦=に優位を保っている。選挙区内には政府が普天間の移設先とする名護市があり、来年の市長選にも影響しそうだ。

(10/19 沖縄タイムス「衆院選2017 きょうから三日攻防」より)

関連リンク

【速報・結果】衆院選2017(沖縄3区:名護市、沖縄市、うるま市、国頭郡、島尻郡伊平屋村・伊是名村 )

スポンサーリンク

 - 九州・沖縄地方選挙, 政治ニュース, 沖縄県内選挙, 注目選挙, 衆院選2017, 選挙区・情勢予想 , ,