【衆院選-情勢分析】新潟6区-自民前職やや先行 大票田・上越市の支持増が勝負

   

スポンサーリンク

新潟6区の候補者

【衆院選-情勢分析】新潟6区-自民前職やや先行 大票田・上越市の支持増が勝負

(出典:各候補者Twitter/Facebook)

氏名 年齢 党派 職業 新/前/元 得票数 当落
1 高鳥 修一 57 自由民主党 開票待ち
2 梅谷 守 43 無所属 開票待ち

新潟6区の情勢

6区は自民党候補がやや優位

4選を狙う自民党前職の高鳥氏と無所属(民進系)新人の梅谷氏による一騎打ち。前回もこの2氏が戦い、高鳥氏が2万票差をつけ圧勝。今回も高鳥氏が若干優位か。共産党が直前に候補者擁立を取りやめたことで、梅谷氏は野党共闘で自民党に挑む。人口の多い上越市をどちらが抑えるかが鍵となる。

高鳥氏は糸魚川大火復旧支援や、厚労政務官としての実績を強調。地元後援会による組織力を発揮。自民党支持層を固めつつ、無党派層への浸透を図る。

梅谷氏は、無所属のため、比例復活がない「背水の陣」だ。選挙戦は出遅れたが、中山間地を中心に支持を伸ばす。共闘する共産党の票なども着実に取り込みたい。

関連リンク

【速報・結果】衆院選2017(新潟6区:上越市、十日町市、糸魚川市、妙高市、中魚沼郡 )

スポンサーリンク

 - 中部地方選挙, 政治ニュース, 新潟県内選挙 , ,