非核化の各論が問題となった第2回米朝首脳会談

   

スポンサーリンク

第2回米朝首脳会談が終わった。今回の会談では非核化の各論で大きな違いが浮き彫りとなった。報道によると、北朝鮮は、寧辺(ニョンビョン)にある核施設を廃棄することを条件に経済制裁の全面解除を要求したが、米側はそれだけでは不十分で、他の核関連施設への査察や廃棄も要求し、会談は事実上の決裂となった。

安易に妥協しない姿勢を貫いた米国

今回の会談の評価は日中韓でも大きく違うこととなったが、日本にとっては評価できるものとなった。会談前、筆者を含め日本の専門家やメディアの多くは、
トランプ大統領が非核化を急がないと発言したことから、会談で北朝鮮に必要以上の譲歩を見せ、非核化のプロセスがいっそう北朝鮮ペースになることを懸念していた。
しかし、いざ会談が終わると、我々が見たのは非核化プロセスで妥協を許さない米国の姿だった。トランプ大統領は金正恩氏に拉致問題も提起したというが、米国が安易に妥協しない姿勢を貫いたのは、今後の日米同盟や安全保障のあり方を考えても非常に評価できる。
そして、今回の米国の対応は、北朝鮮に妥協しない姿勢を示すだけでなく、その背後にある中国にも米国のシグナルを与えることになった。中国としては、米国ペースで朝鮮半島情勢が進むことは避けたいことから、今回の会談を理由に主導権を奪われないよう、北朝鮮に外交的な接近を図るかも知れない。

米国に勢いを止められた形の北朝鮮

北朝鮮としては、今回の会談で米国の出方を見誤った。寧辺にある核施設の廃棄という部分的な妥協を提示すれば、米国が経済制裁の全面解除に応じるだろうと予想していたのだろうか。去年以降、北朝鮮情勢は金正恩氏のペースで動いてきたことから、今回の会談でも米国から一定の譲歩を引き出せるだろうとの自信があったのかも知れない。しかし、いざ蓋を開けてみると、米国に勢いを止められた形となり、北朝鮮としては再びじっくりと作戦を練る必要性に迫られる形となった。

北朝鮮の非核化対応に注目が集まる

今後の情勢は、北朝鮮がどう出てくるかがポイントとなる。CSISなど米国のシンクタンクが指摘しているように、寧辺の核施設以外にも、北朝鮮には公表されていない核・ミサイル施設が複数あるという。ウラン濃縮施設があるとされる平壌郊外の降仙(カンソン)やミサイル基地があるとされる北西部の新五里(シノリ)などがそれにあたるが、寧辺や豊渓里(プンゲリ)の核実験場、東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場を破壊したからといって、核やミサイルの脅威がなくなるわけではない。
今回の会談によって、北朝鮮を取り巻く情勢としては、単なる非核化ではなく、完全な“不可逆的非核化”が今後いっそうポイントとなるだろう。

スポンサーリンク

 - アジアのニュース, アジア・世界ニュース , ,